アクリル板でより良い物作りを実現しよう~ハイテクNEW素材~

作業員

木工にで作る

工場

個人事業から生まれる小さな業者

木工によってものづくりをするというのは匠の技ではあるものの、一般の人にとっても訓練をすることによって実現可能なものの1つです。そのため、近年の独立と起業のブームの中で木型の試作が1つの方向性として人気を集めてきています。長年、プロが担ってきた木型の試作をDIYの延長線上として担う小さな業者が増えてきているのが近年の傾向です。こういった業者ではその担い手のスキルによって受注の仕方も作れる試作品の種類も異なるというところに特徴があります。比較的大きな業者では依頼主のオーダーに応じて柔軟に様々なものを注文できるというメリットがあります。しかし、進行の業者では限られた木型試作しか行えない代わりに安価に発注が可能な傾向あります。

ホームページ記載の手順に従って発注

近年生まれてきている小さな業者に木型の試作を依頼する場合にはその個々の業者での発注の流れをよく確認しなければなりません。新興業者ということもあって、起業の時点ではインターネットが普及していたことが多いため、どの業者でもホームページがあると考えて差し支えないでしょう。そこを参照して手順に従って依頼をすることになります。典型的には3次元データやCADデータ等を提示することによって、それを元に打ち合わせを行い、実際の加工に至るという流れになります。そして、検査を経て納品が行われるというのが一般的です。納期も業者によって大きく異なりますが、1週間から10日程度を基本としている業者が多い傾向にあります。