アクリル板でより良い物作りを実現しよう~ハイテクNEW素材~

作業員

新しい技術

機械

安価な中小レベルの担い手

近年では新しく技術を習得することによって開業するということが流行していることもあり、中小レベルの下請け業者が増加する傾向にあります。そういった傾向の中で増えてきているのが木材を中心とした加工業者であり、木型の試作を担う業者が数多く生まれてきています。鋳造や真空成形などの金型を製作する前に試作品として木型を製作するのが一般的です。その担い手として安価に請け負ってくれる中小業者が増加してきています。こういった業者ではCADファイルでの発注を原則とする場合もあれば、3次元構造がわかるデータであればそれにより発注を受ける場合もあります。また、そういったデータがなくても相談の上で受注してくれる業者もあります。発注するにはまずは相談というのがこういった業者のサービス提供を受ける方法です。

より広いサービスが充実する傾向

こういった新しい企業への木型試作の依頼が人気を集めています。これは古くから木型の試作を担ってきている老舗の業者に比べると安価に発注が可能であり、納期も短いというのが大きなメリットとして認識されるようになってきたからです。一方、まだ比較的新しい業者が多いことから、導入されているシステムや機械も近年開発された最新の機器であるのが一般的であり、精度の高い試作品の提供を期待することができるということも人気を集めている大きな理由の1つです。一方、こういった業者の競争も激しくなってきていることから、サービス内容が充実してきているのも人気の理由です。発注に際してCADが原則となる代わりに安価であったり、逆に3D設計からになってくれたりと独自のサービスを個々の業者が行うようになり、発注する側は選択肢が広がっているのです。